「世界の仕事を知る学校」で「社会貢献」

「世界の仕事を知る学校」では、中高生に動画で色々な仕事や生き方を紹介したり、社会人の講演会を行い、様々な生き方があることを伝えて、子供達が生きたい人生の姿や、やりたいことを見つけ出したり、将来の夢を実現するサポートをしています。

今や国際化社会。多くの方は日本のみならず世界で活躍しています。日本においても多様な生き方ができる時代です。会社員として、起業をして、フリーランスで、と様々な分野で活躍し輝き、人生を楽しんでいる方も多くいます。

大人にになって、いろいろな方と知り合い、こんな仕事があったんだ。こんな生き方があったのだと初めて知ることはなかったでしょうか。裏を返せば、あなた自身が普通だと思っている、ご自身の仕事や生き方は、他の方からみれば新鮮で興味深いことなのです。

それは子供達にとっても同じ。子供達は将来に向けて、多くのことを知りたがっています。

「世界の仕事を知る学校」で、あなた自身の「今」「生き方」「仕事」を動画や文章で紹介したり、実際に子供達に話をして、子供達の将来の夢つくり、夢実現をサポートをしませんか。

あなたの「生き方」そのものが「社会貢献」です。

 

講演会をご希望の皆様へ

世界の仕事を知る学校では、社会で活躍する大人たちの講演会を行っております。

話を聞いた子供たちからは、
・初めてこんなことを知った
・なりたい職業がみえました
・勉強や部活を頑張ります
などの言葉をもらっております。

世界の仕事を知る学校では、企業で働く人、経営者やフリーランスとして活躍する人、日本をはじめ海外で活躍する人など多くの方がご協力してくださっており、様々な方のお話を聞くことができます。

講演会やイベントの開催をご希望の方は、お問い合わせページよりご連絡をください。

 

映画制作に関わりたい学生さんへ!

【映画制作に関われるチャンスです!】
 
4月15日(日)船橋市文化ホールにて行われる、今年の夏〜秋にクランクイン・2018年劇場公開予定の映画
「“きらきら眼鏡” 映画制作 決起会 」
をご紹介いただきました。
 
「きらきら眼鏡」は一般の人もサポーターとして制作に関われる映画。
 
4月15日の決起会では映画制作のサポーターの募集説明会も行われるそうですよ。
 
映画制作のサポーターの活動を通して、映画制作の面白さ、映画には沢山の仕事が関わっていることを知ることができると思います。
 
サポーターは
・映画の舞台 船橋市民でなくてもOK!
・高校生でもOK!
とのこと。

将来映画関係の仕事をしたい方には、滅多にないチャンス!。
自分が映画制作に関われるなんて、夢みたいでしょう。このチャンスを逃さないでね!
 
決起会では
■きらきら眼鏡の原作者 森沢明夫さん・監督 犬童一利さん・プロデューサー前田紘孝さんの対談
■犬童監督の映画「つむぐもの」の上映
までついています!
 
「つむぐもの」は、人が最後まで自分らしく生きる、相手が最後までその人らしく生きることができるようサポートする素晴らしさを感じる映画です。人生へのラブストーリー!です。ハンカチ用意してきてね〜。
 
将来、映画に関わりたい方、俳優を目指している方、ぜひご参加くださいね。
 
↓↓↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓↓↓
https://kirakiramegane.com/events/kick-off415
 
チケットはWEBサイトからの購入もできます。

 

世界の仕事動画を見る

 
 

Widget Title